NAR-SPEED INDEX.NET

地方競馬こそスピード指数

Since 06.Feb.2001


         
                 
 

1.
短距離(1000m以下)、長距離(1700m以上)の指数はサンプル数が少ないため、指数の精度が若干落ちます。

2.
指数値は、各地区との整合がまだ完全ではありませんので、移籍馬の指数が大きく(または小さく)出ることがあります。ただし、以下の競馬場では指数の整合をとっています。

   北関東(宇都宮・高崎の2場間)
   南関東(浦和・船橋・大井・川崎の4場間)
   東海(笠松・名古屋の2場間)
   兵庫(園田・姫路の2場間)
   九州(佐賀・荒尾の2場間)

3.
稀に指数が表示されていなかったり、「−2000」、「−1000」および「明らかに大きな数字」になっていることがあります。これは当該レースが下記のような場合に発生しますが、このような場合、スピード指数を計算できなかったり、計算できても非常に精度が低いことを現しています。分かりやすい表記にするように努力していますので、ご理解願います。

  (1)競争中止している場合
  (2)滅多に行われない距離であるため、基準タイムの設定がなく、計算できない場合
  (3)中央競馬の競争である場合
  (4)北関東(宇都宮・高崎)・南関東(浦和・船橋・大井・川崎)・東海(笠松・名古屋)・兵庫(園田・姫路)・
     福山・高知 ・九州(佐賀・荒尾)以外の地方競馬場での競争の場合
  (5)新馬戦

※スピード指数が表示されていない日が多い場合、そのレースはスピード指数で判断しにくいレースだと言えます。
 スピード指数は過去のレース実績から算出するため、レース実績がない場合は計算できません。